ケンゾーブランドについて
LINEで送る
Pocket

ケンゾーはライセンス提供も多数行っていたために、今でも多々あるケンゾーのタオルやTシャツなどが日本の一般家庭でも見られるようになりました。

ケンゾーはメンズラインだけでなくケンゾージーンズもありますし、ケンゾージャングルなど、ケンゾーの気軽ラインなどもどんどん提供されていきました。遡る事1960年代の後半あたりでしょうか大胆にも着物の生地を使ったワンピースを作ることとなったようです。

その和テイストのワンピースが当たったようで、とても評価が高く、ケンゾーのブランドのきっかけとなりました。現在のケンゾーブランドというのは、実のところには高田賢三がデザイナーを務めているわけではなくてケンゾーは別のデザイナーが活躍しており、そもそもケンゾーを作った高田賢三は、別のファッションブランドとしてYUMEというブランドを展開して新たなトレンドへの道を進んでいます。

ケンゾーブランドは、高田賢三(たかだけんぞう)がつくったファッションブランドですが、日本でケンゾーといえば日本を代表する世の中に通用するブランドの一つではないでしょうか。

一人でフランスにわたってデザインを描いては売って、一時しのぎをしながらデザイナーを仕事として雇われたりしながらフランスの中で生活ていました。ケンゾーのファッションブランドが可能なまでにはケンゾーを作った高田賢三の努力がたくさんとありました。